AVの撮影は何度か撮影したことのある女優さんならば
性格や癖からどんな現場雰囲気になるか、おおよそ見当が付きます。
どれくらいの時間を要し、撮影中どんな事を織り交ぜてくるか、
または、 監督が欲しい絵をぱっと出せるかなど。
出せる人は撮影が終わるのも早いんですよ。


それぞれの現場により、求められるものは違う為女優さんも
大変だったりします。


特に初めて行く現場、初めて撮影する女優さんだとお互い探りながらの撮影になります。
先日は久々のAVの撮影でしたが。。。
今までに無いくらい、かなり変則的な撮影でしたので少々疲れました。
所用があり、入りが遅くなってしまった彩斗は
いつもより出番が短かったのですけどね。


メインの女優さんも、みんな頑張りましたね。
特に頑張ったのが、いつもサブで出てくれる女優さん。
いい子なんですが、フェチ要素がガッツリという訳でもなく、
ドMなんでサブで出てもらうことが多いです。


というか大体、彩斗の浮気相手役です。


この子、ノドが性感帯でガッツリ喉奥までくわえ込むんですよね。
それが、良いらしいです。
(自己)イラマチオしながらノド輪締めが出来る子です。
女性の性癖でも色々あるんですね。


撮影途中、色々と精神的に辛い事もあり泣きそうでしたが。。。
数名の女優さんの中で唯一この現場を知っていることもあり、
撮影をリードするべき立場と伝え頑張ってもらいました。

涙がすぅ~と引いていく。
サブと言えどもプロですね。

この日のMVPですよ。
凄く頑張られておりました。
広報さんに褒めてあげてって伝えたけれど
褒めてあげたかなぁ?
にほんブログ村 大人の生活ブログへ