寝取られ(Wikipediaより引用)
自分の好きな異性が他の者と性的関係になる状況・そのような状況に性的興奮を覚える嗜好。
どうやらマゾヒズムの一種のようです。

書こうか書かまいか迷いましたが...


先日、寝取られ希望のカップル様宅へお邪魔しました。
前日までの打ち合わせによるとお姉さまは普通のマッサージだと思っているとの事
そこを性感マッサージに持ち込んで寝取って欲しいとの依頼でした。

ちょっとそれはハードルが高過ぎのような気が。。。
女性側に暗黙の了解等があればなんとかなりそうですが、
その気配も感じませんでした。

これは絶世の美男子か天才詐欺師に近い話術が無い限り、難しいように思えます。
ヘタしたらぶん殴られ、おまわりさん召還です。

その状況であれば普通のアロママッサージになってしまう可能性が高いという事を
お話し、了承を得ました。 





2時間電車に揺られながら他県へ出張。
たまには良いものです♪




道中、色々考えます。
プレイ中にお兄さまは外出すると言われてましたので、
お姉さまから電話掛けさせ、実況させるのも良いかも♪などなど




最寄り駅には約束の時間よりも1時間以上も早く到着しました。
せっかく他県に来たのですから散策したかったのですよね。



神社があり、商店街があり趣のある良い町でした。
地元の隣町に凄く似ていて懐かしい雰囲気になりました。



散策していると、いたる所でカレーメンの看板が目に付きます。
どうやらこの町のご当地グルメの様です。
晩御飯が決まりましたね。




こういう風情ある町には1件は必ずある謎の店も

30preDSC_1252_filtered

古い電話ボックスに大売出しの旗、焼肉にカレーの看板、麻雀まで。謎です。






お約束の時間になり、マンションまで。
チャイムを鳴らし、ドアを開けた瞬間の第一声が...






あたし、マッサージいらないからね!!



Σ(´д`;)



まだ、顔を合わせる前です。
このハードル、新米の彩斗にはあまりに高そうです









飛べないハードルは下をくぐれば良いのです。











アロママッサージをさせて頂きました♪
.。゚+.(・∀・)゚+.゚
お兄さまにね普通の。


ご協力出来なかった大きな挫折感に打ちひしがれながら
とぼとぼと帰宅する彩斗でした。
いや、お兄さまの方が絶望感高いでしょうね。

本当はめっちゃ甘えたかったんですよ、お姉さまに。
(●´ω`●)



まとめ
やはり、パートナー様との複数プレイは女性側の気持ちが
一番大事だと思います。何度か経験し暗黙の了解が形成
されるまでは、女性の了承を受けないと難しいのではと思います。

そういうプレイもあると暗黙の了解を頂いている女性であれば
御やすい御用です←大きく出ましたよコイツ。

とは言うものの、その世界にこれから女性を導くというのは、なかなか難しいもの。
まずは、寝取り、寝取られというフェチの世界があるという所から知ってもらうというのが一番だと思います。

まずは、彩斗のブログやアポロ東京のWEBサイト、趣味でやられている方のブログ等を
何気なく見せて「こういう人達もいるんだよ!」と、そういう世界が存在するという認識を作るところからどうでしょうかね?

新米ながらに色々考えてみました。
あっ、ご当地カレーメン食い忘れたじゃんかよ(´Д⊂)