先日、ポルチオに関しての記事を書きましたが、
アレは奥が好きな人用。


パートナーが大きい、
風俗(ソープやデリヘル)でお客様のチンがデカイ。
でも奥は、大きい人は苦手。。。そんな人も多いと思います。


実は意識的に途中で止めるというのは
結構大変なのです。
自然な力の流れに反して止める訳ですから
連続して行うと非常に体力を消耗するのです。


しかも、子宮口の位置は精神的な気持ちの
高ぶり具合、体位によって
変わりますから尚更難しい。

一定の決まった深さでOK
という事にはならないのです。


なかなか分かって貰えないかもしれないですが、
大きい人には大きい人なりの悩みがあるのです。
彩斗も結構試行錯誤してるのです。といっても、
彩斗は規格外というサイズでもありませんが。





今回、紹介しようと思うのは、
そんなカップルさん、
風俗嬢さんにピッタリな体位。


しかもコレ!
早漏及び遅漏の男性の悩みも解決できます。
少し応用を加えるだけで。



ただ、ある程度の長さも必要。
恐らく、日本人男性の平均的サイズでは
抜けてしまい難しいのではないかと思います。
特に下付きの女性の場合、さらに長さを要します。



もしかしたら、風俗嬢(ソープ)で働いてる方で
アソコが大きいお客様が苦手、苦痛、辛いという方にも
良いテクニックかもしれません。
25cmオーバー、入らないサイズとか規格外を除きますけどね。
いろんなモノがありますから。



ソープ嬢様がこの体位にもっていくのは
なかなか難しい所もあるかもしれませんが、
オススメなプレイがある等の巧みな話術で上手く導いてあげてください。



ただ非常に地味です。撮影でこんな体位をしたら
「なにやっとんねん!」って怒られると思います。
怒られるの分かってるから撮影ではやったことありません。
絵的には非常に地味なのです。

彩斗は凄く好きなんですけどね。残念です。

ただ、彩斗と身長180cmオーバー
の女優さんでしたら比較的絵になる
かもしれませんね。長身女性は良く
撮るので、怒られるの覚悟の上で
やってみようかな。


女性自身の反応も初めてこの体位をする場合、
体位の形を作るときに微妙な反応を返します。
「えっ?ちょっw何すんの?え???」的な。
最初は戸惑うかもしれませんね。





さて、体位の画像を探してましたら
良いのがありました。
完成系ではなくあくまで基本形です。


大きくて早漏を克服したい方は
しがらみ〕をベースに
しがらみ
出典:楽しい48手教室より

遅漏を克服したい、ソープで大きくて遅漏の男性を相手にする場合は
しめ小股〕をベースにします。
しめ小股
出典:楽しい48手教室より


この体位から男性は体を起こしアヒル座りのポーズに移行します。
慣れるまで男性は辛いかもしれませんね。


浮き橋〕とは違い体の一部が邪魔して浅い挿入となります。
挿入は浅いですが、
非常に密着感のある体位です。
動き辛い体位ですが慣れるとなんて事は無いです。


女性は足をピンと(しめ小股は左右の足を絡めて)伸ばします。
伸ばすと力が入りやすくなり、イキやすくなるそうです。
らしいです。本音は知りません。


男性の手はベットに手を着いたり、
女性を抱えるようにして背中に回すと良いと思います。


この体位のポイントは、ピストンをしない事。
女性の恥骨を支点にテコの原理で動かします。
イメージとしては、男性は体を地面と水平方向に動かす
感じです。この際、テコを意識してください。


テコを意識する事により、ピストンではなく、
自然と膣内をかき回すような動きになります。


こうする事により、浅く膣内がかき回されると同時にクリが刺激され、
かつ女性の足に力が入るのでイキやすくなります。
らしいです。本音は知りません(2度目)


クリの刺激が強すぎる場合、ローションを用いて
滑らかにしましょう(意外に強めの刺激です)。


女性は男性のお尻をもったり
だいしゅきホールド
をすると良いかもしれません。



女性にとって、この体位が本当に気持ち良いかどうかは定かではありません。
今まで、演技されてた可能性もありますからね。

また、中が良いのかクリが良いのか本当のところも良く分かりません。
ここ、彩斗が一番知りたい所だったりします。
経験した人しか分からないとこですね。
本音が知りたいです。


ただ、挿入が浅くなるのは
間違いの無いところなので、
パートナーの大きさで悩んでる方が
いましたら是非お試しください。


普段はなかなかしない体位だと思いますので、
意外な発見があるかも。

「ぜんっぜんわかってねぇよ、お前!」
という意見も実は嬉しいです。
改めるきっかけになりますからね。


ソープの練習にご指名いかがですか?
(・∀・)つ


参考になったという風俗嬢様がいらしましたら、
風俗嬢様のブログやTwitterなどお持ちの媒体で紹介していただけると励みになります。






にほんブログ村 大人の生活ブログへ